キュービクル式受電設備の認定・推奨

HOME > キュービクル式受電設備の認定・推奨 > キュービクル式非常電源専用受電設備の認定

キュービクル式非常電源専用受電設備の認定

認定キュービクル

消防用設備等※1には、非常電源※2を附着することが消防法令により定められています。

昭和50年5月、消防庁告示第7号として非常電源の一つである非常電源専用受電設備について「キュービクル式非常電源専用受電設備の基準」が定められたことに伴い、(一社)日本電気協会は、旧自治省(現総務省)の要請により、キュービクル式非常電源専用受電設備認定規程を定め、昭和51年より全国的に統一した認定業務を開始しました。

また、平成13年12月に(一社)日本電気協会は、消防法令に基づく「指定認定機関」となり、その後の消防法令の改定によって、平成16年9月から総務省消防庁の「登録認定機関」となりました。

※1
消防用設備等とは、消防の用に供する設備、消防用水および消火活動上必要な施設などをいい、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、排煙設備、非常コンセント設備などをいいます。
※2
非常電源とは、火災が発生した際に消防用設備等に電源を供給するもので、消防法令にで定められている非常電源には、非常電源専用受電設備、自家発電設備、蓄電池設備、燃料電池設備があります。

認定キュービクルのメリット

  • 認定キュービクルは、「認定基準」に基づいて審査を実施し、消防庁告示第7号およびJIS C4620に適合しています。
  • 認定キュービクルは、消防法令における消防設備等技術基準に適合しているものとして取り扱われるため、消防検査に際して、その簡素化を図ることができます。
  • 認定キュービクルは、消防法令に基づき消防長(消防署長)が火災予防上支障がないと認める構造を有するもので、屋内に設置される場合は、火災予防上不燃材で区画された室に設置された場合と同等として扱われています。また、屋外に設置される場合は、建築物から3m以上距離を保たなければならない規定が、これより短い距離(1m以上)に緩和されています。

より詳しくお知りになりたい方へ

「認定の手引」には、認定制度の内容がまとめられており、認定規約、認定基準、品質管理要綱、関係諸様式などで構成されています。

キュービクル式非常電源専用受電設備 認定の手引
定価:本体3,800円(税抜額)

お問い合わせ先
〒461-8570 名古屋市東区東桜2-13-30 NTPプラザ東新町9階
一般社団法人 日本電気協会 中部支部
TEL:052-934-7215 
FAX:052-934-7391

Copyright © THE JAPAN ELECTRIC ASSOCIATION CHUBU BRANCH All Rights Reserved.

ページトップへ