MENU

中部支部について

HOME > 中部支部について > 支部概要

支部概要

支部の概要

当協会は、電気関係事業の進歩発展を図り、産業の振興・文化の進展に寄与することを目的としている団体です。環境変化の著しい今、この原点を踏まえて、当支部は日本電気協会本部および地域の関係行政機関との緊密な連携のもとに公益的諸活動を積極的に展開しています。

中部支部は、一般社団法人日本電気協会の地方支部で、中部地区5県(愛知県、静岡県の一部(富士川以西)、三重県、岐阜県、長野県)を担当しています。

沿革

一般社団法人日本電気協会は、大正11年に発足した社団法人電気協会を直接の基としていますが、その前身は明治25年に設立された日本電燈協会に遡ります。日本の電気関係事業の始まりが明治19年の東京電灯、中部地区での始まりが明治22年の名古屋電灯の開業ですので、その草創期からスタートした公益団体です。電気関係事業の振興のため、時代と共に改組され、今日に至っています。

明治11年(1878年)12月 工部大学院にてわが国ではじめて電気が点灯(アーク灯)
明治19年(1886年)7月 東京電灯営業開始
明治22年(1889年)12月 名古屋電灯営業開始
明治25年(1892年)5月 日本電燈協会設立
明治28年(1895年)5月 日本電気協会に改称
大正2年(1913年) 関西に中央電気協会、九州に九州電気協会設立
大正10年(1921年)10月 3協会を合同し、(社)電気協会設立
大正11年(1922年)2月 (社)電気協会 中部支部設立
【戦局の悪化に伴い昭和17年5月~昭和23年5月まで中部地方の活動はなし】
昭和18年(1943年)10月 (社)大日本電気会に名称変更
昭和22年(1947年) (社)日本電気協会として再出発
昭和23年(1948年) 5月 (社)日本電気協会 中部電気協会設立
平成23年(2011年) 4月 (社)日本電気協会 中部支部に名称変更
平成25年(2013年) 4月 一般社団法人日本電気協会 中部支部に変更

組織

支部会長(1名)
水野 明久
支部副会長(2名)
久米 雄二、大島 卓
運営委員(54名)

事業概要

優良電気設備の認定・推奨

優良電気設備の普及・促進を図り、自家用高圧受電設備の保安と消防用設備の電源確保に寄与するため、次の業務を行っています。

  1. キュービクル式高圧受電設備の推奨
    一般社団法人日本電気協会制定の「キュービクル式高圧受電設備推奨規約」に基づいて、当支部において所定の書類審査と現場審査を実施し、本部推奨委員会の審査を経て、適合品には推奨書を発行しています。
  2. キュービクル式非常電源専用受電設備の認定
    一般社団法人日本電気協会制定の「キュービクル式非常電源専用受電設備認定規約」に基づいて、上記推奨品の場合と同様の手続を経て、適合品には認定書を発行しています。

電気保安レベルの向上と電気知識の普及・促進

  1. 労働安全衛生特別教育講習会(例)
    労働安全衛生法第59条および関連政省令の定めるところにより、事業者は新たにその職務についた高圧・特別高圧の電気取扱業務従事者に、特別の教育を実施することが義務づけられています。当支部では、事業者に代わり法に定めるカリキュラムに従い、毎年定期的に講習会を開催し、受講者には修了証を発行しています。
  2. 電気関連法規講習会(例)
    電気関係業務に従事する人は、常に電気事業法をはじめ、消防法、建築基準法、労働安全衛生法等に定める電気関連諸法規を十分に理解し、これを遵守すべきことが求められています。当支部では、これら電気関連法規についての講習会を定期的に開催しています。
  3. 電気安全啓蒙活動
    電気保安関係者のレベル向上のため電気関連法令などの改正時に説明会を適宜開催しています。また、電気に関する技術・知識向上のため講演会の開催や電気安全のPRなどを関係団体と協力して実施しています。

電気安全と電気使用合理化の普及・促進

電気安全知識と電気の有効利用に関する啓発と技術の普及・促進のための委員会を通して、多面的な活動を展開しています。

  1. 電気安全中部委員会
    電気安全全国委員会と連携して毎年8月の「電気使用安全月間」行事を実施するほか、施設の電気安全調査や、電気保安に顕著な功績のあった個人ならびに工場・事業場に対する経済産業大臣、原子力安全・保安院長表彰のための推薦および当委員会委員長表彰を実施するなど、電気安全の普及促進を行っています。
  2. 中部地方電気使用合理化委員会
    全国電気使用合理化委員会と連携して電気の有効利用・省工ネルギーに関する啓発資料や優良工場・事業場の合理化事例集を作成しています。また、電気の有効利用に顕著な功績のあった個人ならびに工場・事業場に対する関東経済産業局長表彰の推薦(静岡県、長野県)や、中部経済産業局長表彰(愛知県、岐阜県、三重県)および当委員会委員長表彰を実施しています。

電気技術者法定講習の実施

一般財団法人電気工事技術講習センターを認定機関として実施する第一種電気工事士定期講習と、同センターが実施する認定電気工事従事者認定講習の業務について、中部地域の受託団体として、講習事務を実施しています。

電気関係図書類の販売(斡旋)

  1. 電気関係の書籍、PCBラベル・掲示板などの販売(斡旋)
    電気事業便覧などの定期刊行物のほか、電気関係の規程・指針、電験3種、第一種および第二種電気工事士受験用のテキスト等各種文献の販売をしています。 また、PCBを含む絶縁油を使用している電気機器に貼付が義務づけられているラベルおよび保管場所掲示板、などの販売をしています。
〒461-8570 名古屋市東区東桜2-13-30 NTPプラザ東新町9階
一般社団法人日本電気協会 中部支部
TEL:052-934-7215 
FAX:052-934-7391

Copyright © THE JAPAN ELECTRIC ASSOCIATION CHUBU BRANCH All Rights Reserved.

ページトップへ